キャッシング審査

キャッシング審査で重要視される属性について

キャッシング審査において重要視される「属性」というのはどんなものでしょう。
具体的な項目を確認しておきましょう。

 

年収・勤務先(種類や規模)・勤続年数

仕事に関する内容で、いくらぐらいの収入があるかを確認できるものです。
属性の中でも、大変重要なポイントを占めているといってもよいでしょう。

 

勤務先で実際に働いているかどうかの在籍確認を行う、年収の確認のために収入証明書を提出することもある、など申告内容が事実なのかしっかりと確認される項目です。

 

既婚あるいは未婚・家族と同居か・住居の状態

これは連絡の取りやすさも確認することになります。
結婚していて家族と共に暮らしていれば、返済できない時に連絡がとれなくなってしまうという可能性が低いからです。ただ、子供がいる場合は出費も多いことから、信用度の点では違いがなくても限度額が低めになってしまうことがあるでしょう。

 

住居は持ち家、賃貸、公営住宅の順に信用度は下がっていきます。居住年数が長いほど信用度は高いです。

 

電話について

固定電話があることで、キャッシング審査に以前は有利になっていました。
今は携帯電話やスマートフォンの普及で、固定電話がない家庭も増えています。
そのため、固定電話がないことが信用度ダウンに直結しないこともあるのです。

 

キャッシング審査では、申し込み者に確実な返済が望めるかを確認することが重要事項です。信用度の中に、連絡の取りやすさが占めているポイントはかなり大きいといえるでしょう。