キャッシング審査

キャッシング審査になかなか通らない!

キャッシングの審査に通った方ばかりというわけではないのです。「なかなか審査に通らない…。」と途方に暮れている方もたくさんいます。これは、審査結果はわかっても、その理由は教えてもらえないことが原因となっているわけです。

 

審査に通らない理由は、申し込み者としては推測するしかありません
しかし、理由を考えて改善できるところはしてから、再申し込みをしたほうが審査に通る可能性は高くなるでしょう。

 

否決の連絡が入った場合は、なぜそのキャッシング審査に通らなかったのかを考えてみます。審査を最も通りにくくしてしまう可能性があるのは、延滞履歴などクレジットヒストリーに問題がある時です。金融事故、金融ブラックなどとも呼ばれていますね。

 

金融機関は、クレジットヒストリーを信用情報機関で共有しているのです。
そのため、A社での借入がB社には分からないということはありえません。貸金業法改正によって、貸金業者からの借入を総合計し、年収の3分の1以下の額にすると定められています。これは貸金業者に罰則があるため、信用情報機関への記録は貸金業者の義務なのです。

 

審査否決の理由には、これ以外にも年収の低さ、勤続年数の短さなど様々な理由が挙げられるでしょう。審査はトータルで返済能力を判断されるため、収入が高いという利点があっても、延滞履歴が残っていれば否決となる可能性もあるのです。いくつかの理由が合わさっていることもあります。申し込み前にこの点を再度確かめておきましょう。