キャッシング審査

銀行と消費者金融のキャッシング審査は違うもの?

キャッシング可能なカードローンは、消費者金融以外にも銀行でも発行されていますね。銀行と消費者金融のキャッシング審査には、違いがあるのでしょうか?

 

銀行のカードローンでも、消費者金融のように大変短い審査時間でキャッシングできるものがたくさん登場していますね。実は銀行カードローンの中でも、消費者金融の審査システムを活用して迅速な審査を可能にしているところがあります。消費者金融で行われているスコアリングシステムを活用することで、審査時間が短くなっているのです。

 

銀行のカードローンでの借入条件として「保証会社の保証を受けること。」というものを見たことがあるでしょうか。この保証会社は、消費者金融やクレジット会社などの金融会社が記載されていることがほとんどです。保証会社が消費者金融の場合には、銀行カードローンも審査時間がとても短くなっているものが多いでしょう。

 

銀行のカードローンも、消費者金融のキャッシング審査のように、一次審査、本審査という流れは同様と考えておいてよいでしょう。しかし保証会社の審査と、銀行自体の審査が行われるわけです。そのため、総体的に銀行カードローンのほうが審査時間は長くなる傾向にあるでしょう。

 

また、口座開設を求められる銀行カードローンもあるため、借入までの時間は消費者金融と同じではないことも多いのです。

 

審査基準がわからないのは、どのカードローンも同じですね。
そのため審査の流れにおける違いは把握できても、銀行よりも消費者金融の方が借りやすいということは、断言できないことなのです。