キャッシング審査

キャッシングしたいなら審査を知ろう

「キャッシングしたい!」こう思って申し込みをしても、誰でも借りられるわけではありません。

 

その理由は、キャッシングを取り扱う金融機関が審査を行なうことにあります。お金を借りたい時には、審査がどのようになっているのか、まず知っておきましょう。

 

確実にキャッシングしたいなら、審査システムを把握しておくことはとても重要です。

 

借りられない申し込み者は、キャッシング審査で返済できない恐れがあると判断されたと考えられます。返済できない可能性がある申し込み者に対して、金融機関はリスクを冒しません。貸し倒れがおこると金融機関は営業できなくなってしまいます。確実に返済できる額だけ、返済できる方に貸しつけるのです。

 

返済できるかどうかは、収入だけで判断するわけではありません
勤務先、勤続年数、住居など様々な項目を審査していきます。年収が低いのに、大きな額を借りると当然返済できなくなってしまうでしょう。過去に延滞したことがあると、同様に延滞を繰り返すと予測されます。審査に通らないのは、いくつかの理由が複合していることもあるでしょう。

 

また審査に通った場合も、貸し付けの金額や金利などは金融機関が決定するものです。
希望額を全額借りられるというわけではありません。これは与信ともいわれ、信用度が高くなるほど大きな金額を利用できるようになります。申し込みをした時の審査が、キャッシングを左右するといってもよいでしょう。審査について知っておくほど、申し込み者にはメリットとなる可能性が高いわけですね。
参考サイト:お金を借りる利用条件|今すぐ借りれるランキングTOP3

 

キャッシングによって審査は違う?

キャッシングに申し込むと、まず行われるのが審査です。
お金を借りたい時にキャッシングを探していると、たくさん見つかりますね。

 

数多くあるキャッシングの審査は、それぞれ違っているのでしょうか?
「通りやすい審査があるなら知りたい!」と考える方も多いはずです。

 

キャッシングの審査は、それぞれの金融機関が独自に行っています。
ただし審査のおおまかな流れは、それほど違いはないと考えておいてよいでしょう。
基準はそれぞれ違いますが、一次審査や仮審査を行なって、その後本審査へと進むことになります。

 

一次審査は、機械的にスコアリングで行うキャッシングが多いですね。
これによって、審査時間はとても短くなっているキャッシングが増えています。
収入や勤続年数などを数値化し、基準の数値を超えていれば一次審査は可決となるのです。

 

この基準の数値は、キャッシングによって違いがあります。
そのため、キャッシングによって可決になる場合とならない場合もあるのです。
さらに、可決になるとしても借りられる金額は同じではありません。

 

この基準は一切公表されていません。
通りやすい審査というのは、申し込み者には分からないものなのです。
そのため、キャッシングに申し込む際には、幾つか候補をあげておくことをおすすめします。

 

ただし実際の申し込みは、3社までにしておいたほうが申し込みブラックのおそれがなく安心でしょう。申し込みブラックは、たくさんのキャッシングに申し込むことで、お金がないため返済できないと金融機関が判断するケースです。気を付けておきましょう。

 

 

キャッシング審査に通りやすいのはこんな方!

キャッシングの審査に通りやすい、一度の申し込みですぐに借りられた方がいます。
逆に、どんなに申し込みをしても通らないという方もいます。

 

二つのタイプにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

キャッシングに通りやすい方は、ズバリ金融機関が信用できると判断する人物です。この場合の信用とは、貸したお金をきちんと返すことになるでしょう。

 

きちんと返済できるかどうかは、収入が安定しているという点が重要になります。
収入の大きさではありません。毎月決まった額が安定して収入となっているか、また勤務先で一定期間以上続けて働いているかということが、信用を見極めるポイントです。

 

勤務先としては、公務員などはもちろん安定度が大変高いと考えられます。
企業に勤務している場合は、創業してからの長さや従業員などといった企業の規模も重視される点となるでしょう。

 

とはいっても、派遣社員や契約社員、アルバイトなど勤務形態を問わず申し込みができるキャッシングも増えています。大企業に勤務している正社員しかキャッシングできないということではないのです。ただ利用できる額や、金利などに違いが表れることになるでしょう。

 

連絡が取りやすいと考えられる方も、審査には大変有利に働きます。実家で暮らしている、持ち家である、居住年数が長い、固定電話がある、こういった点はいずれも信用度をアップさせるものとなるのです。返済せずに行方知れずになるリスクを、金融機関は取りたくないのです。

 

審査は、これをしておけば絶対に借りられるというものではないのでしょう。
否決になった場合に、その理由を金融機関は申し込み者に伝えません。通りやすい、通りにくいということが分かっていると、理由を推測する時に役立つでしょう。

 

申し込み前にどんなことをしたの?

キャッシング審査に通った方は、申し込みにどんなことに注意して、対策などは立てたのでしょうか?体験談をヒントにしてみましょう。

 

「貸金業者からのキャッシングは、総量規制の範囲内という大前提を意識していました。クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象と知ったので、キャッシング枠を0にしたのです。希望限度額にきちんと到達しました。」

「転職を控えていたのですが、キャッシング枠を作っておきたいと思ったので、辞める前に申し込みをしておきました。住宅ローンほどキャッシングは勤続年数に厳しくないとは知っていたのですが、勤続年数が長いほど信用度が上がると見たからです。ただ転職先はお給料も上がる状態だったので、転職後に限度額が下がるといったことはありませんでした。」

「信用情報機関の延滞記録がなくなるのを待ちました。いわゆる金融ブラックの状態だったのです。延滞記録は5年でなくなるそうですね。申し込み前には、信用情報機関の照会も行い、記録がなくなっていることを確認しておきました。」

「すでに2社からキャッシングをしていたのですが、これをまず一つにまとめました。金利が低いキャッシングの限度額増額をして、一社での借入にしてから別のキャッシングにおまとめで申し込む計画です。借入件数が少ないほど信用度が上がると見たからです。」

「借りたいと思って、焦って一度に5社ぐらい申し込んでしまいました。申し込みブラックと判断されてしまい、一社も審査に通らなかったです。その後もどうしてもキャッシングしたかったのですが、申し込みの記録が残っていると、審査は同じ結果になるらしいですね。申し込み記録がなくなるという半年後に、2社だけ厳選して申し込みました。今回は2社とも審査可決でホッとしました。」